まいまいブログ

「隣に知らない人が寝泊まりしている」嫌ならご意見をお寄せください

兵庫県では、今月の15日(月)まで、「住宅宿泊事業の適正な運営の確保に関する条例(仮称)」骨子案、いわゆる「規制緩和させる民泊条例」について、県民からの意見を募集しています。

民泊に関しては、保健所が所管となっており、芦屋市独自で条例を制定するは出来ないことから、兵庫県の制定する条例が私たちの日常生活に大きな影響を与えることになります。

国としては、観光立国を目指し、また空き家対策としても、現在「許可」を出して民泊を事業を認めていますが、これが今年6月から「申し出」によって事業化が可能となるように、規制を緩和する方向性を示しています。

兵庫県は、観光地もありますが、住宅地、郊外地など、幅広い生活文化が根付いた県であり、井戸知事は「兵庫県は民泊を使わなければいけないほど、旅館やホテルの利用率が高くない。現状を前提にした規制内容にした。民泊は管理者がおらず、火災や衛星の基準も甘い。安全性を考慮し、旅館業法とのバランスを重視した」と条例に対する考え方を示しています。

その内容としては、①住宅専用地域をはじめ、学校や保育所、図書館などの社会教育施設の周辺100メートルでも営業を。②国立公園や県立自然公園、景観形成地区及び広域景観形成地区、保養温泉地での、夏季&冬季、週末&祝日前の影響の不可。③その他、地域に実情に応じ、知事がに認める地区への規制。となっています。

本日は、建設公企業委員会で、兵庫県の条例案の説明案を受けましたが、上記の①②だけでは、芦屋市内をカバーすることは難しい状況です。③「地域の実情に応じ・・・」を動かすのは、私たち芦屋市民です。

締め切りまで、お時間がございませんが、ご協力をお願いいたします。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf14/minpakujourei.html