まいまいブログ

うれしいご報告!ヘルプマーク採用決定

うれしいご報告があります!

2016年9月議会で、赤字に白の💛と十字が描かれた「ヘルプマーク」の採用をお願いし、時にその取り組みついて、声を上げておりましたが、この度、芦屋市でも「ヘルプマーク」を採用することになりました、と週末にご報告を頂きました!

「ヘルプマーク」とは、東日本大震災時、その必要性が確認されたのですが、周りから見て簡単にわかる障がいをお持ちの方以外にも、内臓に障がいをお持ちの方や発達障がいなど、一見してわからない方々が、とても苦労された事を踏まえて、「私は、少し助けが必要です。」という意思を示すものです。もともとは東京都の発案ですが、マークなどは可能な限り「多くの人が共通して認識する」ことが大切だという想い思いで、芦屋市に提案をしていました。

ヘルプマークを同様に「ヘルプカード」というものもあります。これは、「何の助けが必要なのか」「何をすることが難しいのか」具体的に、示すことにより、スムーズに、それぞれの手助けを可能とするものです。例えば、「数字や計算が苦手です」「多くの人がいる場所が苦手です」など、具体的に記述することにより、彼らに必要な寄り添った支援が可能となると思います。

オリンピックを前に、日本全国で、このマークが認知されることに期待したいと思います!