まいまいブログ

まいまいブログ

ソチオリンピック前

今日は天皇様のお誕生日ということで、お休みですので、全くお仕事に関係のないお話です。

私の家はなぜか、フィギュアスケート好きです。
幼いころは、冬になるとスケートリングに連れて行ってもらい
たぶん、前進ぐらいはできるのだと思います。
姉は、教室にも通っていた記憶がありますが、
幼かった私は、長靴で氷の上をビタビタと歩いていたような気がします。
毎年この時期になると、あの選手は・・・・
ジャンプの軸が・・・、スピンのスピードが・・・あの衣装は・・・
などと勝手に評論家になりきり楽しんでいます。

そんな21日からフィギュアスケートの全日本大会が開催されました。
今年の大会は、すばらしい多くの選手群の出場に加えて
来年2月に予定されているソチオリンピックの選考を兼ねており
ハラハラドキドキと、画面を見つめておりました。

オリンピックは4年に一度、地方選挙も4年に一度の戦いであり
少しリンクする思いもありました。
いかに、大切なその時に集中力を高めるか、力を集めるのか、
大変に難しいコントロールが必要だと思います。
勿論、「その時々に精いっぱいの力を出し切る」というのは大前提だと思いますが、
怪我など、予定外の障害がたちはだかることや、
競技する選手たちは、青年期から大人へと成長する時期でもあり
選手としての自分と、一個人としての自分に悩む時もあったり、
思うように競技に集中できない方もいらっしゃると思います。

ともあれ、今日すべての競技が終了した後に、
オリンピック選手が発表されました。
みんなオリンピックをめざし、私には知りえないほどの努力を積まれてきたのだと思います。
選考に漏れてしまった、織田選手の横顔や安藤選手のすがすがしい笑顔の中の涙など
これまで、楽しむだけでなく時に勇気を与えて下さった選手の方々に感謝したいと思います。

高橋大輔選手!
昨日の高橋選手のオリンピックをあきらめ顔たを見て、同じように涙した人は多かったのだと思います。
今の男子のフィギィアスケートを築いていきたのは、まぎれもなく高橋選手です。
オリンピック選手の発表があった時は、思わず姉に電話をして
2人で「よかったねぇ~!」を連発しておりました。
怪我を心配するところですが、もう一度「キラキラ」なスケーティングを見せて頂きたいと思います。
時間だけは平等にに過ぎていきます。
限られた時間をどのように過ごすのかが大切なのだと思います。
私自身も日々の忙しさで、大切なことを見失いがちですが、
今できることと、しなければならないことを肝に銘じたいと思います。
オリンピックまで限られた時間ですが、怪我が回復させて、あの高橋スマイル(ちょっとドヤ顔)を
私たちに振りまいてくれることを、楽しみにしたいと思います。

ソチオリンピックの開催が今から大変に楽しみとなりました。