まいまいブログ

まいまいブログ

一般質問終了

三日間にわたる一般質問が終了しました。
芦屋市議会は22名の議員で構成されていますが、
議長・副議長は議会の進行役にあたるため、20人の議員が一般質問を
する権利があります。今議会は、20名のうち、17名が質問を行いました。
この17名という人数は、他の議会と比べるとかなり多いと感じております。

また、以前は「総括質問」といって、まとめて3回議員から行政に質問を行い
回答をもらっていた形式から、「一問一答」といって、1つの質問に対して
その都度回答を得る方式も選択できるようになりました。
1人の議員の持ち時間は40分となっておりますが、この一問一答方式が
導入されるようになり、行政からの回答時間も増えたように感じます。
1人の議員さんのやりとりが約1時間×人数ですので
ボリュームの多さを想像していただけると思います。

一般質問は、議員から行政に対する質問を行います。
以前は、「一般質問は山を動かすぐらいの質問でないといけない」と
かなり神聖で重い雰囲気もありましたが、何に対しても質問できるという事や、
一般質問の回数が議員活動の量として判断されることもあり、
多くの議員が挑戦しています。
個人的には、まずは、自分の質問がうまく表現できるか、よい回答が得れるのかが
質問で大きな関心ごとでありますが、他の議員さんの質問も勉強になります。
例えば、自分では考えなかったような考え方を他の議員は行う。
自分は気がつかなかったけれど、この部分は重要だ。
また、質問の着眼点について以外にも「こういう表現方法がある」などです。

以前にもお伝えしたかもしれませんが、「聞く」という行為も予想以上に疲れるものです。
本会議場の椅子は座り心地がよくなく今日は暑いせいもありまして、
ちょっと?かなり?疲れました。

今日はゆっくり休んで、25日からの決算特別委員会に備えたいと思います。