まいまいブログ

大人の都合ではない、切れ目のない子育て支援を目指して

今日は、9月議会で上程された議案の採決の日でした。世間的には、芦屋市は屋外広告物条例に続いて「無電柱化推進条例」の制定が注目されていたようですが、実際には、一般会計補正予算の「留守家庭学級の民営移行の財源を担保する債務負担行為の是非」に焦点があたっていたように感じます。

私は、この一般会計補正予算に反対を表明致しました。個人的には、通常の議案よりも一般会計補正予算の議案に反対する方が、多くの事業や計画に影響がありますので慎重になるように感じます。

反対の理由としての詳細は、議事録やインターネットの記録をご覧頂きたいと思いますが、事業の決定のプロセスと事業内容に大きな疑問を感じたことでした。

昨年度大きな議論となった「幼稚園保育所のあり方」について、行政と市民の方とのやりとりを振り返った時、これまで以上に市民の方に理解ができる情報発信や伝達と、時間を有した対話が求められると受け止めていましたが、芦屋市が選択したのは、その逆で議会で採択されるのあれば、市民の理解度に重きをおいていないような決定方法だと感じました。特に、本件については、方針がだされてから、かなり時間があるにも関わらず、一方的な施策の決め方に対して特に賛成しかねるものでした。

また、事業内容についは、民営であれ、公営であれ、子ども成長を妨げることのない保育内容であるべきだと考えますが、実に多くの心配や不安がそのまま残っている内容だという事です。これらの不安の声にたいして、芦屋市は「事業者が決まってから・・・」と回答していますが、待機児童になっている子どもが校区外の他の学校の各同保育に通級する行為は、事業者が異なっても、工夫できることは限られているように考えます。

勿論限りはあると思いますが、お金がない、場所がない、など大人の都合でなく、何が子どもの成長に適しているのか?その為にどのような工夫や努力ができるのか?が大切だと考えます。加えて、「芦屋市が指導員さんたちを募集しても集まらない」というのは、それでけ芦屋市に魅力がない証拠となるので、声高らかにこれを民間に移行する理由とするのは、あまり受け入れがたいように考えます。

今後は、より労働者不足になることを踏まえると、今の効率性よりも、安定して優秀な人財、芦屋市の為に汗をかいてくれる核となる人財を、いかに確保するための手立ての検討も機を逃すことなる行うべきだとも感じます。