まいまいブログ

まいまいブログ

平成23年度 決算特別委員会

26日から始まりました「平成23年度決算特別委員会」が
3日間の審議を終えて今夜終了しました。

この特別委員会は、会派を代表する委員(9名)で行われます。
3日間という非常に限られた中で、市政全般に関する審査を行うため、
いかに能率よく、質問・確認し、今後の予算編成や行政運営に活かしてもらうかが
大切な役割であると考えてます。

いとうまいにとっては、2年ぶりの委員会となりましのたで、
緊張の連続でありました。
発言については、まだまだ勉強しなければ・・・と感じますが、
言葉足らずの部分は、ご理解をいただいていると期待をしたいところです。

決算の概要については、別の機会にご報告をしたいと思いますが、
特徴的であるので、3年連続して市税が減収している反面、
民生費が増加しており、超高齢者社会時代に突入しており、
阪神淡路大震災からの復興に費やした借金はかなり返済しているものの
まだまだ、厳しい財政運営であると思います。

自助・共助・市民参加により、新しい公共の在り方を考える節目の決算になることを願いたいと思います。
今後の予算編成への期待としては、収入増加に向けて新たな施策の実施と
基金残高のありかたと臨財債の取り扱いには注意を払っていただきたいことと
皆が同じ目標に向かって、それぞれが誇りの持てる仕事をし、
住んでみたい芦屋・住んでよかった芦屋のまちづくりを目指していただきたいと思います。

余談になりますが、今日は最終日ということで、夜の9時半まで晩御飯抜きで会議がありましたので、
一日を終えたビールは特別においしく感じました。