まいまいブログ

まいまいブログ

幼稚園・保育所のあり方について、追加の見直し案の説明がありました。

今日は、民生文教常任委員会で「幼稚園・保育所のあり方」についての所管事務調査が行われました。

2月13日にはじめて幼稚園・保育所の統廃合や民間移行の計画が示された後、6月議会中に6月13日に1回目の見直しが示されました。この際に、西蔵町で予定されている公立の子ども園の規模を縮小する方向性が示されており、今日は、この子ども園の定数を300人から186人とするほか、平成33年に子ども園に統合することが予定されていた宮川幼稚園は、引き続き「公立の幼稚園」としてそのまま運営するとされています。

今日は、午後から「子ども子育て会議」が行われる他、明日から説明会が予定されています。行政には、しっかりと再編後の子育て支援が、提示できるような準備をお願いしたいと思います。

また、今日の委員会の中では、行政から提出された「資料に基づく質問のみ」が許されえたようですが、今回の計画は、芦屋市全体で子どもの教育や子育てををどうしていくのか?が示されておりますので、質問を制限するような流れには、疑問を感じました。