まいまいブログ

新しくなった高浜消防分署へ視察に行きました。

今日は、市営住宅集約、複合福祉施設と併設される消防分署がほぼ完成したということで、新しく広くなった高浜分署に施設に行ってきました。

市営住宅と消防分署はPFI事業で行われており、消防分署の建設費はおおよそ8億円となります。施設は、まさに日進月歩で、建物の上り下りの練習だけでなく、人を怪我人を運んで救助するコンテストの規定と同じ練習場の他、マンションなど室内での火災時の人命救助や消火練習が可能な施設があり、この消火施設は阪神間では、芦屋市だけだという事でした。また、阪神淡路大震災を教訓として、地盤沈下や液状化に対応すべく地盤の強化、海に近いという事でボートなどの整備もされているとのことでした。

この消防分署を建て替える際に、私は精道町の消防本部からほど近い、現地よりも、より南側の潮芦屋地区への建設を希望しておりましたが、当局としては、本部は司令塔、高浜分署は稼働部隊という位置づけだということでした。

ともあれ、万が一の時に、柔軟に対応できる人財育成と柔軟な対応により、お一人でも多くの生命を守れますよう、消防の方には一層の人命救助にご尽力いただきたいとお願いたいと思います。

マンションなどを想定した消火作業&救出作業練習場