まいまいブログ

新年度予算審議直前の勉強会に参加しました

今日は、「兵庫議員ネットワーク交流会」で、新年度の予算審議を前にお知恵を頂戴して参りました。最近は、お邪魔する機会が少なくなってしまっている勉強会ですが、無所属の議員にとっては、情報を得る場所としてとても心強く感じています。国や自治体の状況は常に変化していますので、情報を得る、知識を得る、勉強を続けることは不可欠であると改めて考えさせられました。

予算編成を見ると、それぞれの自治体の特徴というか風土が織り込まれていますのと同時に、時々に自治体が抱える課題と解決策とその先に方向性を読み取ることが出来るほか、国がどのような事業を行うのか、日本を引っ張っていくのかについても、地方交付税などの動向からわかるといわれています。基本的に、地域主権が優先されるべきであると考えますが、国の動向を踏まえて、機会を逃すことなく連動した自治体運営を行うことも効率的な運営方法であると考えます。

今日は、お知恵を頂きましただけですので、明日から?調査を行わなければなりません。ひとりの議員の声が、どの程度市政に影響を与えることが出来るのか、なんとも言えませんが、疑問を呈する、声を上げることが、議会人としての一歩であると考えます。