まいまいブログ

直性請求が提出されましたで、臨時議会が開会されます。 是非に傍聴を!

新聞報道でもありましたが、芦屋市の私立幼稚園と保育所の統廃合計画に対して、9月議会で採択された2つの幼稚園と1つの保育所の廃止を撤回する条例を制定することを山中市長に求めた直接請求が行われ、1月30日から臨時議会が開会となります。

今計画は、昨年の2月突如公表され、計画案そのものだけでなく、計画決定方法について多くの批判的な声が上がっていました。昨年6月議会では、自治会連合会から「もっと時間をかけて住民合意を得ながら、計画を考えてほしい。」という趣旨の請願書も提出されましたが、賛成少数で否決されています。

「直接請求」という制度は、市長や議会などの代表民主制による行政運営と、住民さんの意思が行政執行に反映せれていない場合に、住民さん発議(直性民主制)によって、一定数以上の署名数によって、行政運営を変更させることが可能な請求権です。今回は、条例の改正の請求ですが、私たちの議会の解散や議員・市長の解職なども直性請求が可能です。市長は直接請求を受けて、今後は市長の考えを述べて、議会に付託をお行います。

何を請求するのかによって、住民さんの署名数が異なります。今回の直接請求は選挙人名簿登録者数の1/50(昨年12月1日現在では1604人)以上の署名が必要となりますが、1604人を大幅に超える6304人分の署名が確認されています。

子育てをめぐる施策については、まったなしの待機児童問題や、小学校6年生前の学童保育実施など、更なる行政サービスが求められて、場所と財源、体制など課題が多いようにおもいます。また、同時に保育や教育の質についても、対応することが不可欠ですが、この部分に対するご不安の声が大きいと理解しています。これに加えて先の衆議院選挙により、3歳からの保育教育の無償化が打ち出され、混迷気味だと思います。

が、住民さんが政治に無関心であったり、諦めることなく、直接請求を行った行為については、大変に感謝致したいと思います。署名された方々にとっても、責任がありますので、どのような議論が行われるのか、しっかりと傍聴をお願いしたいと思います。

1月29日(水) 議会運営委員会

1月30日(火) 本会議(市長趣旨&意見説明と質疑)

2月5日(月) 本会議(請求代表者による意見陳述)

委員会(市長趣旨説明・質疑・採決)

2月9日(金) 議会運営委員会

2月13日(火) 本会議(採決)