まいまいブログ

まいまいブログ

秋まつり だんじり

暑くもなく、寒くもなく過ごしやすいお天気の中
今日は精道小学校で、秋祭りの催しがありました。

学校のグランドでは、さまざまな団体のブースでの食べ物や物品販売、
中学校のブラスバンドのマーチング、子ども神輿と賑やかでした。
少なくない職員さんが各部署の啓発チラシを配っているお姿もあり、
蔭では、尼崎信用金庫さんがゴミ拾いされるお姿もあり、感謝したいと思います。

また、秋まつりと言えば、「だんじり」ですが、今年も迫力満点でした。
各地域によって、だんじりに特徴がありますが、おはやしやパフォーマンスも
それぞれ異なり、面白く感じました。

だんじりの醍醐味としては、大きく重たいものを
掛け声を出す人、引っ張る人など、多くの人々が息を合わせて動かすことだと
思います。そこには、世代を超えた繋がりを感じました。

わたしは、電柱類の地中化の推進を常日頃発言をしておりますが、
だんじりを見上げながら、「高い秋空と勇ましいだんじり」の姿は写真に撮っても、
とっておきの1枚になること間違いなしで、欲を言えば、あの電線がなければもっと絵になるのに・・・
と独り言を言っておりました。