まいまいブログ

まいまいブログ

第63回 社会を明るくする運動 市民の集い

今日も猛烈な暑さでしたが、ルナホールで「社会を明るくする運動」
が開催されました。
この運動は、「犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域の力を高めよう」
という目的があります。
芦屋警察署や保護司会、地区再生保護女性会、福祉協議会、
自治会連合会、民生委員児童会、防犯協会、交通安全協会などなど
多くの方々の日頃のご協力を頂きながら、活動を行っています。

会では、恒例の兵庫警察音楽隊の演奏がありましたが
悪質販売から身を守るため作られたという「契約前に110番」という
歌は、前後に漫才のような分かりやすい事例紹介もあり、大変に楽しむ事ができました。

また、優良警察官感謝状贈呈では、
刑務課の池田義孝氏、組織犯罪課の塩田英樹氏の表彰が行われたほか、
運動推進宣言では、芦屋市PTA協議会の近藤誠人氏が宣言を行いました。

またまた私は、「自殺のない社会へ」澤田康幸・上田路子・松林哲也著の
本を読んでいる途中なのですが、
この本には、自殺の要因としては、本人の失業や病気などが
大きなものとしてあげられるが、震災後などでの、自殺者数の増減は
地域の人との繋がりに関係があるという内容がありましたので、
多くの方が地域と繋がりを持つ大切というのは、
「人が生きる・成長する」ことに繋がるのだなぁ、と感じることができました。