まいまいブログ

芦屋市庁舎東館竣工式

秋は、運動会や文化祭をはじめ多くのイベントが開催されています。昨日は、障がい者とのふれあい運動会に出席し、グランドゴルフの部で1位の表彰状を頂くという幸運がありましたが、今日は、市庁舎の東館の竣工式に出席して参りました。

東館は、すでに土日を利用していくつかの部署が引っ越しを済ませ、新しい環境で仕事が始まっております。一部の住民さんからは、役所だけだんだん良くなっているというようなお話を頂きますが、近い将来に予想されている震災に対応するために拠点として、また長年にわたりプレハブで仕事をしていた下水道部にやっと整った仕事の環境の提供、環境に配慮した電気自動車の急速充電設備などの整備がされた、未来に向けた施設とすることが大切であると思っています。職員の方には今日の竣工式を機に新たな想いで市民生活に貢献する仕事をしていただきたいと願っております。

以前にブログでお伝えしていた、トイレの設備も、100%大満足ではありませんが、改善をしていただいたことに感謝したいと思います

東館竣工式

竣工式が終わって、山中市長との記念写真。写真を撮りたそうにしていた私に気づた市長がお声をかけて下さいました。市長のやさしさをうれしく思いました!有難うございました。

 

午後からは、芦屋病院で行われていた「あしやホスピタルフェスタ」を覗いてきました。ホスピタルフェスタは、毎年開催されておりますが、私は久しぶりにお邪魔をいたしました。

AEDの体験コーナーや、内視鏡手術体験コーナー、調剤体験コーナーなど、病院の仕事の体験や、チャリティーマーケット、血管年齢、骨粗しょう症、嚥下上代などをチェックできるコーナー、また、職員さんをはじめ病院関係者の方によるほのぼのコンサートとご存知の「マチネーコンサート」など盛りだくさんの催しがありました。

ホスピタルフェスタ

このフェスタは、皆様の命を守る病院として、市民の方に芦屋病院を身近に感じてもらうという思いが出発点であったよに記憶をしております。信頼していただける病院を目指して、病院の建て替えもそうですが、なにより関係者の方の想いがあります。管理棟には「ご意見箱にいただいたメッセージ」として、ピンク色の有難うメッセージと、水色のご意見メッセ―ジがはりだされていました。

メッセージ

病院で事務局長の古田さんは、水色メッセージは、病院がより改善していくために大切なものですが、ピンク色のメッセージが多くを占めるようになるように・・・とお話をされていました