まいまいブログ

まいまいブログ

被爆国の原点に返って

8月6日の広島の原爆記念日に続いて、今日は68回目の長崎の原爆記念日でした。

核兵器の非人道性や格を使用したエネルギー問題など
特にここ数年唯一の被爆国である日本として、将来への選択肢が問われていると思います。
理想や理念と実生活との狭間において、きれいごとばかりは言いにくいのだと
思いますが、少しでも理想に近づくよう活動するのが、政治の役割だと考えます。

芦屋市役所の南館BF1では、原爆のパネル展示が行われています。
平和への祈りをあらわす、千羽鶴も折られています。
初めてみる写真ばかりではないのですが、
一瞬にして、同時に長期に渡って、多くの愛する人、家族を奪った、
原爆のむごさ、悲惨さを目に致しますと、
言葉にならない思いがこみ上げてきます。

過去を忘れず未来を見据える、68年は長い月日ではありますが、
今日は、それを思い出す大切は1日であると思います。