まいまいブログ

高浜町の市営住宅の視察に行ってきました。

今日は、10月1日から引っ越しが開始される予定の高浜町の市営住宅の施設に行ってきました。350戸の真新しい建物や中庭など、市政住宅を視察するといつも感じるのですが、「私もここに住みたい」と思うほど、充実している建物だと感じました。

ここの住宅を建てるにあたって、「中庭に配置された親水水辺」と「ディサービスなどの送迎車の駐車場の確保」など委員会で声を上げてきました。特に、水辺に関しては、税金を使用した施設での必要性(設置費用や維持管理費)と蚊の発生や水辺での事故の可能性を心配するものです。今でもこの思いは同じでありますが、完成した水辺を見ると、確かに施設に余裕が出来き、よりよい住環境になっているとも感じました。

また、市営住宅では、体の大きさに関係せずに、犬猫などの飼育は禁止となっています。私の感覚では、このルールを守らず少なくない世帯が動物を飼っているようですので、実際に照らして、動物を飼育してもよい棟を定める提案をしましたが、採用されていません。隠れずに動物を飼育できる代わりに、管理費を少し多く支払って頂き、それを共有部分の清掃代に充てるなど、工夫をすることにより、多くの人が気持ちよく生活できるように感じております。

ともあれ、この場所で落ち着いた、充実した生活を送って頂きたいと思います。