まいまいブログ

まいまいブログ

2015年3月議会閉会

あっという間に3月議会が閉会となりました。
今議会は、多くの制度の変更や一般会計の補正、平成27年度の予算の審議がありました。
また、パイプラインの存廃問題や、潮芦屋浜での小学校新設問題など
今後の芦屋市の方向性を示す大きな課題も浮上した議会となりました。

私たち議員にとっても今議会は任期最後の議会となりました。
4年を振り返り、やりきった感を感じると思っていたのですが、
パイプラインや小学校新設問題は、次の任期に持ち越しとなるようですが、
これに加えて、市営住宅の集約計画やJR南口の再開発など
多くの課題を残しての閉会となり、今後の4年もこれらの課題に取り組みたいという思いが
強く残った議会となりました。

議員の任期は、阪神淡路大震災の時に選挙が6月に延長され、今の6月10日までとなっていますが、
議会を勇退される議員さんが紹介されました。
11期、44年もの長い年月を芦屋のために尽力された都筑省三議員と
3期、12年ですが中身の濃い活動をされた木野下章議員です。
都筑議員には、私が新人のころ、気持ちだけでなく周りをよく見ること。
大局的にものを見る目を養う大切さを学びました。
木野下議員は、自宅も近いことから、議会運営のいろはから、
人間の生悪については、妥協をしてはならないことをお教えいただきました。
それぞれに、議会には必要な方であり、去られるのが惜しいと感じますが、
残された(残ろうと思っている)議員は、先人の教えを学びながらも
次の時代を創造するために活動して参りたいと思います。