まいまいブログ

「8020運動」のすすめ

 

 

 

 

 

6月4日は6(む)と4(し)のロゴ合わせで「虫歯予防の日」とされ、この日をはさむ1週間は、歯の衛生週間とされています。今年は、まさに今週6月4日~10日がその習慣にあたります。

芦屋市歯科医師会では、この週に対して「歯の供養」を芦屋霊園で行ったり、歯の無料診断や歯科医師体験などの催しを先週末おこなっってくださいました。

日本人の平均寿命は、男性は78歳、女性は85歳と世界一の長寿大国です。しかしながら、歯の寿命は50歳~60歳代で、高齢になるにつれて歯を失う人が多いのが現状です。「自分の歯」でしっかり噛んでものを食べることは、認知症予防をはじめ、多くの健康に影響を与えていることが、最近の研究で分かってきているようです。

80歳まで20本の自分の歯を維持しようとする「8020運動」の推進は、日頃から歯磨きなどの口腔ケアを行うことにより歯の寿命を延ばすことを目的としています。おいしい食事と健康維持と、一石二鳥の効果となりますので、実践していきたいと思います。